就職活動に永久就職が決まった羨ましい美人の友人

女装コラムニストの肩書でいまやテレビでひっぱりだこのマツコ・デラックスだが、彼、いや、彼女は実は、2年ほどひきこもり生活を送っていたことがあるらしい。トイレ以外の時間は全てベッドの上ですごし、自分より不幸な人を見つけるために久しぶりに連絡を取る高校時代の同級生たちから近況を聞きだし、年収や既婚かどうかなどを判断材料に60人以上のデータで幸せランキングを作ったところ、その最下位にいたのは彼女自身だったという。雨戸は閉めっぱなしで室内でお気に入りのアーティストの曲を聞き続け、ある時両足で立ち上がろうとしたら10分間もかかる程衰えていたそうな。

MJSの対応ポイント|改正労働基準法|企業のお客様|株式会社ミロク情報サービス

就職活動がさっぱりうまくいかず腐っていた私の元へ、就職活動に永久就職が決まった羨ましい美人の友人の話が聞こえてきて、もうやってられないと思った。明日の面接の予定や近々ある企業の説明会の予約など全てぶっちして、引きこもってやろうかと思いかけた時、マツコ・デラックスのひきこもりの話を聞いたので思いとどまったのだ。

「厳密に言わなくても」サービス残業は労働基準法違反 - 脱社畜ブログ

マツコが引きこもりから脱したきっかけを作ったのは作家の中村うさぎで、マツコの噂を聞きつけて会いに行った中村うさぎがマツコの話を聞いて認めてくれたことらしい。不遇の時代があっても今はあんなに輝いている彼女の存在を見れば、私もまだまだ頑張らないといけないのではないかと考えさせられた。就職活動の先で企業の経営者に見初められ、結婚が決まった美人の友人がいるのだ。まずは社長夫人の友達という立場で、縁故入社をあたってみよう。



明日の面接や来週の企業説明会も、堂々と参加してみよう。幸せになるきっかけは、きっとどこにでも転がっているのだから。