美人になれるか

「美人になれるか」ということは、
あくまでも世の中には「不美人」がいるという前提です。

ただこれには、主観が入っているのではないかと思います。
本人は不美人だと思っていても、客観的に見ると、そこそこの美人なのでは?
というように思われていたり、しますよね。

男性目線で見て「あの子カワいいよな」みたいな感じは必要です。
なにも「ミス○○コンテスト」へ出場するわけではないのですから。

下膨れ顔をスッキリしたフェイスラインにしたい : 美容・ファッション・ダイエット : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

マーケットサーベイではないですが、
身近な人の評判を聞いてみた方が良いですね、

しかし女性が自分の中である基準をもっていて、絶対に妥協をしない、
ということであれば、話は別ですが。

あと、日本のメイク技術はかなり上がっていると思います。
以前のお化粧の仕方に比べれば格段に向上しています。

しかし、ここに落とし穴があるとも言えます。

よく性格は顔に出る、などと言いますよね。
性格の悪い女性は、いくらメイクを巧みに施して清楚な美人に仕立てても、
どこか「品位」がにじみ出てしまいます。

ところが、女性の本質を見抜ける男性が何人いるでしょう?
男性の弱みは女性の持つ色香に惑わされてしまうということです。

女性同士のほうが、かえって同性を見抜けるものです。

あごのたるみをスッキリ解消!簡単にできるミラクル小顔ダイエット! | 美容ブログ [女性の美学]

落とし穴というのはここです。
メイクが上手な女性には同性も、また異性も暖かく接してくると思うのです。
そうすると、自分がそのような人物だと思いこんでしまう。

もちろん「それによって前向きになるから、私はいいんです。」
といわれれば、それまでです。

豊胸も、胸が大きくなることによって自信が出てきて、
前向きになれる、という考えの女性もいますよね。

最終的には鎧に着られてはいけない、とでもいいましょうか。

メイクはあくまで外側から身につけているものなので、
いつまでもそれに頼っていると、
身を滅ぼすことにも「なりかねない」ということです。

それよりも、女性が本当に質の良い男性を手に入れたかったら、
「女磨き」をした方が良いのではないでしょうか。

これは花嫁学校でやっているような、
裁縫・お料理・お花といったトレーニングではありません。

「女磨き」は何も特別なことをしなくてもいいのです。
恋愛でも仕事でも、自分が信じることに全身全霊で取り組んでいく。
すると必ず自分にとっては見たくない自分の欠点と向かい合います。



ここで負けてしまう人は外側の美に再度逃げます。

でもイヤな部分と何回も向かい合って克服していくと、
フと気づくと「美人になっている」んですね。

キレイな蓮は汚れた池に咲くと言います。