加齢臭って何才くらいからするものなの?

私は20歳の大学生で、今は大学の近くにアパートを借りて一人暮らしをしています。つい先日、親戚の法事で久しぶりに実家に戻ったのですが、その時、父から今まで嗅いだことの無い変な臭いを感じました。何と表現すればいいのか、青臭い中に脂が混じったような独特の臭いで、しばらくしてから「ああ、これがいわゆる加齢臭か」と気がついたのです。

多汗症(症状と原因)

父もそんな臭いのする年齢になったのかと、老いていく親に対して感傷的にもなりましたが、それ以上に、自分もいずれ、こうなるのかなと少しショックでした。

そこで気になったため、「何歳くらいから加齢臭はするものなのか」を調べてみました。
一般的に平均すると、多くの男性が40歳を過ぎる頃からこの臭いが出始めると言われています。しかし、これには個人差があり、早い人では何と20台後半から加齢臭が出ることが分かったのです。

東京 わきが 治療

体質的に臭いの強弱はあるものの、タバコを吸うか吸わないか、不規則な生活を送っているかいないかなどの生活面での衛生状態が、この臭いのレベルに大きく関係しているのだとか。特に、皮膚表面の汚れは顕著に加齢臭の強弱に影響し、例えば夏にお風呂にあまり入らなかったりすると、脂肪成分が皮膚に蓄積し常在菌の異常繁殖の元となり、目も当てられない状態になってしまう模様です。

汗の顔文字 | かわいい顔文字サイト『顔文字カフェ』

私も一人暮らしで、サークルなどが忙しいとついお風呂に入らず寝てしまいがちです。あまり若いうちから臭いと思われるのも困りますし、父の加齢臭の一件から反省し、今後は必ず身体を洗ってから眠ろうと決めました。